プライスター 【福田和輝】は本当に便利?徹底レビュー!

今回は、福田和輝さんのに「 プライスター 」ついて徹底レビューしていきます。

商品概要

 プライスター

特定商取引に基づく表記は次の通りです。

商品名プライスター
販売者福田和輝
住所〒252-0804 神奈川県藤沢市湘南台1-5-8 秋本ビル3F
TEL0466-47-8918
URLhttp://pricetar.com/lp/pricetarlp/it/index.html

プライスター 詳細レビュー

では、内容についてレビューしていきます。


Amazon販売において、価格の自動変更や売れた商品の利益計算を自動で行えるツール
です。

他に、FBAかんたん出品機能などがあり、Amazonにログインしなくても商品ラベルや配送ラベルを印刷できたりします。
転売を効率化させるための便利な機能が盛り込まれており、マカド!と並んでメジャーな価格改定ツールですね。

しかし、私としてはこういった転売系ツールは基本的におススメしていません。

Amazonという販路に依存するリスク

現在、こちらのツールはAmazon限定で使えるようになっておりますが、Amazonの規約が今後変更される可能性もないとは言い切れません。

2017年の9月にも、Amazonは「新品出品」に関して規約変更しておりますしね。

「新品」として出品できない商品

以下の商品は、Amazonで「新品」として出品することはできません。

  • 個人調達商品(個人事業主を除く)。
  • メーカー保証がある場合、購入者がメーカーの正規販売代理店から販売された商品と同等の保証(保証期間など)を得られない商品。
  • Amazon.co.jpで調達された商品(Amazonマーケットプレイスを含む)。

これにより、メルカリやヤフオクなどで仕入れた商品は、出品禁止。
Amazonで仕入れた商品をAmazonで出品するのも禁止となりました。

多くのせどらーが衝撃を受けたかと思いますが、大半の人はアカウントを分けて使うなどして今も転売を行っているようです。
(規制したものの、Amazonもそこまで取り締まりきれないのでしょうか)
しかし、ルール違反はルール違反。
今後いつまでも通用するか分かりません。

このように、Amazonで販売するため「条件」どんどん付加されて、転売への「ハードル」が上がっていくと、利益を上げることが難しくなっていくかと思います。
そうなると、ツール自体も無意味なものになりますよね。

今後も「Amazon」のみで商売するには、正直リスクがあると言わざるを得ないです。

料金は月額制、人によってはいらない機能?

プライスターは、月々4,800円。
買い切りではなく、月額制となっております。

よほど商品数が多く毎月の売り上げもかなりある人ならば、この月々かかる経費も微々たるものと思えるのかもしれません。
自分の労力を減らし転売を「効率化」させるために導入してもいいでしょう。

しかし、初心者などまだまだ商品数も少ない上に、毎月必ずかかってくる経費は負担となります。

それに、基本的にはツールがなくても販売はできます。
価格の自動変更もあれば便利は便利ですが、本当に正しく機能するのか心配ですし。
万が一不具合が起きて予想だにしない価格まで下げられていたらと思うと、結局毎日自分でもチェックしてしまいますね。
全てを「ツール任せ」にするのは、個人的に怖いです。
出品機能や利益計算に関しても、慣れてしまえばそこまで時間がかかるものではありません。

転売自体、楽な副業ではない

ツール云々以前に、私は転売で稼ぐのは難しいと思っています。

転売の利益率は、平均20~30%と言われています。
仮に利益率30%で月収30万稼ぐ計算をすると、ざっくりこんな感じです。

売上 100万
仕入  50万
経費  20万
利益  30万

100万売り上げたとしても、諸々の諸経費を差し引けば利益はほとんど残りません。
労力の割に稼げないんですよね。
それでも、出品をストップすると、売り上げもストップしてしまいます。

まとめ

私の結論として、「絶対に買わない」です。

理由としては、

・Amazon販売への依存が気になる
・買い切りでなく月額制
・転売自体、稼ぐのが難しい手法

以上です。

すでに転売でバリバリ稼いで、ツールを使った方が売上が上がっていい!という人ならば、ツールを導入しても全然構わないかと思います。
しかし、今から転売に挑戦する初心者で、Amazonを販路として利用し、最初からツールに頼るのは危険かなと思います。
そもそも転売自体おススメできる稼ぎ方ではありません。
なので、転売系ツール自体もおススメできませんね。